ヨガもいろいろ。目的に応じたヨガの種類や方法とは?

ヨガの歴史と利用方法

ヨガはもともとは古代インドで発祥した修行方法です。ヨガには様々な種類と流派があります。

 

瞑想を基本としていて、精神と身体を最も安定した状態に近づけるために行われます。

 

心身のバランスを整えるためにポーズと呼吸法、瞑想を用います。

 

姿勢や呼吸方法を重視したものや、瞑想によってリラックス効果や精神の安定を得るためのものなど目的によってやり方が違います。

 

日本ではフィットネスやエクササイズとして行われていることが多く、スポーツクラブやフィットネススタジオなどで行うことができます。

 

ヨガ専用のスタジオもたくさんあって主に女性に人気があります。

 

現代人のライフスタイルに合わせて考案されたものも数多くあり幅広いのが特徴です。

 

目的に応じた種類や方法

ヨガの種類を目的別に分けると、リラックス効果を得るためのもの、エクササイズやダイエットのためのもの、集中力アップのものに分類されます。

 

リラックスのために行うものは、呼吸に合わせて無理のないポーズを穏やかに行うのが特徴です。

 

妊娠中の妊婦が心と体の安定のために行うものもあります。

 

エクササイズのために行うタイプは、筋肉トレーニングと呼吸法に重点を置いています。

 

パワーヨガやホットヨガなどダイエットに効果があるものも人気があります。

 

筋肉を柔軟にしてリンパの流れをよくし、代謝をよくして痩せやすい体を作るのが特徴です。

 

様々な種類のよいところを取り入れて融合させ効果的なアレンジが加えられています。